Category Archives: 開発

本当に必要ないと言えるのか

プログラマーの不要論は、プログラムを自動生成する事ができるようになるのではないかと言う発想からきているとされます。一見すると、それはある意味で可能ですし、ある意味では不可能だと言えます。
例えば、あるシステムやアプリケーションを開発する必要性があったとします。言語に何を使うかは別にして、そこにはプログラミングが必要となります。そこで、プログラマーが書いたプログラムを自動生成する事ができるようになるかもしれません。その事実を根拠に不要論が唱えられるのですが、ここで押さえておきたいのは、プログラマーがプログラミングしたものと自動生成されたプログラミングは全く同一ではないと言う事です。ある企業で、給与システムを自動生成でプログラミングしたとして、その後の業務受注システムも自動生成で構築したとします。その2つのシステムを統合したいと言うケースが起きた場合、従来のプログラマーによるプログラミングなら順応可能だとしても、自動生成のプログラミングが必ず順応できるかは分かりません。
と言うのも、プログラミング言語そのものを扱うプログラミングと自動生成プログラミングによって作られたものでは、順応度に違いがあるからです。言い換えれば、自動生成されたプログラミングでは、確かにプログラムそのものの理解は不要かも知れませんが、仕様変更の度に新しいプログラミングを後付けするしかありません。プログラミング言語レベルでそれを扱う事と、プログラミングツールで付け足し続けるのでは融通の上でも限界に差が出てきます。